スポンサーリンク

蔵出し味噌らーめんそい屋でびっくりチャーシュー、メニュー状況、松戸駅前

びっくりチャーシューそい屋 イベント
松戸ロード
スポンサーリンク

蔵出し味噌らーめんそい屋でびっくりチャーシュー食べてきました

じゅん散歩そい屋びっくりチャーシュー

店頭でもチャーシューの15cm表示が大きく目立つ、名物びっくりチャーシューでおなじみのそい屋。松戸駅前からも近いこちらのラーメンを食べることができました。

松戸駅東口側を降りて正面のイトーヨーカドー(プラーレ松戸)に突き当たり、駅を背に左方向へ道なりに進めばすぐ到着できます。

蔵出し味噌らーめんそい屋 メニュー状況

今回、2019年11月に訪問してみました。昨今の消費増税や他店でもよく見られるお肉の価格上昇などもあるかと思います。以前と比べ価格改定もある様子です。

ラーメンのメニュー状況を中心にまとめると次の形となっていました。

▽ラーメン

ハーフ味噌らー麺 590円
濃厚とん骨正油らー麺 690円
チャーシューぬき味噌らー麺 690円
味噌らー麺 790円
煮たまご味噌らー麺 890円
野菜たっぷり味噌らー麺 890円
びっくりチャーシュー味噌らー麺 1,290円

▽トッピング

煮卵 110円
バター 110円
辛ネギ 110円
コーン 110円
チャーシュー 110円

※2019年11月の店頭確認時点。他にも券売機には種類がある様子も見られた為、一部メニューの参考情報として頂ければ幸いです。

店頭にはこのような鬼びっくりチャーシュー蔵出し味噌ラーメンのチャレンジメニュー表示もありました。

びっくりチャーシューの3杯以上とかなりボリュームがあるチャレンジメニューですね。

フォトフレームも完備

びっくりチャーシューと共に写真が取れるフォトフレームもカウンター横にいくつか設置されていました。

なお、店内には2018年に日本テレビ「有吉ゼミ」で放送された際に撮影された写真(ギャル曽根さんなど)や色紙なども飾られていました。テレビ撮影も多いお店ですね。

店頭にもこだわりの味噌について説明や卓上でも麺、スープにチャーシューと提供を待つ間も読み物が多く飽きません。

前後のお客さんを見ると男性の方は特にびっくりチャーシュー味噌らー麺を頼まれる割合が高いように見えます。 

すりおろしたニンニクや七味など卓上のコンディメントも取りやすい設置となっていました。

大振りのどんぶりでびっくりチャーシュー味噌ラーメン到着

今回、1,290円で食べる事ができたびっくりチャーシュー味噌らー麺が到着しました。このように全体像として見ると意外とチャーシューの大きさが目立たないかもしれません。

ただ、器の大きさに注目して頂きたいのですが間口のかなり広いどんぶりとなっています。

チャーシューの隣に位置したコーンあたりと比較して見て頂けるとチャーシューボリュームは感じられそうです。

びっくりチャーシューそい屋

真ん中で避けそうなラインで2つに分けて、チャーシューを2列にして食べ進められました。柔らかく箸で切れますが持っただけで崩れるほどではない絶妙な硬さです。

厚みも肉の感触は味わう事ができながらクドくないバランスがいい具合と見えます。味付けもチャーシュー自体が濃すぎる事もなく味噌ラーメンと共に合う1品でした。

麺はスープと絡む仕様

麺はスープとの絡みを意識した縮れ気味の麺です。後半になってもスープを吸い過ぎる事もなく食べ進める事ができました。

なお、スープはかなりアツアツな形で提供頂け、寒くなってきた11月にとても暖まるスープでした。スープの底には味噌の粒と思われる状態も見え、こだわりのブレンド状況も感じられる部分です。

具材も豊富であるのがうれしい

味噌と相性のいいコーンも豊富にのっていました。

木製の穴がないレンゲもありますが、こちらの穴あきレンゲはコーンを食べ進める中でとても便利ですね。

メンマもあり、もやしはチャーシューと麺の間にきっちり層としてありました。

びっくりチャーシュー味噌らー麺の全体的なボリュームはかなりあり、チャーシューだけが際立つというよりも全体をバランスよく食べて完食できる量でした。

なお、2019年11月20日のテレビ朝日、じゅん散歩でも放送されていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました