スポンサーリンク

ドラクエウォーク地域目線ではどう連携できそう?松戸を歩いて考えてみました

ドラクエウォーク地域ご当地ドラゴンクエストウォーク
松戸ロード
スポンサーリンク

ドラクエウォークと地域の連携可能な要素は何か

ドラクエウォークは昔懐かしいドラクエの戦闘光景などこれまでのドラゴンクエストという側面だけではなく、位置情報ゲームとして地域商店などと連携できそうな要素も多い事が特徴としてあります。

今回、β版を体験する中で目的地システムからβでは未公開のご当地クエストなど今後ドラクエウォークが地元松戸を始め様々な地域で連携できそうな部分をまとめてみました。

目的地設定で目指して来てくれる

ドラクエウォークではシナリオを進める場合に目的地を自分で設定して進む形が基本となります。目的地として選べる候補も細かく設定されていて、地元松戸で歩いていても近くを自在に行ける道中にゲームの世界が入る形で溶け込むような感覚がいいですね。

目的地設定ではどこでも目的地という機能もあります。候補として出ている目的地が合わない場合、地図上の場所を自分で設定できる機能です。回数によっては導きのつばさというアイテム消費が必要ですが、制約も厳しくなく目的地を自在に設定できる感覚で動けます。

実際にこの目的地システムで遊んでみてわかった部分は目的地候補として出てくる箇所も大型店以外の個人商店も多く、実際に店舗などを運営されている方にとってはチャンスが広がる内容かと思います。

ドラクエウォークで遊ぶ側としても目的地の判定(クリックできる円状の判定可能ライン)がポケモンGOと比べると緩く、GPSの精度が悪く、近くまで来ているのに目的地に入れないとう形がほとんどない快適に遊べる感触がありました。

こころ集めなどピックアップ沸きも今後増えそう

β版を体験している中で沸いてくるモンスターの確定サインが出ているモンスターが駅近くで多く沸いていました。複数の駅で確認されましたので重点的に駅近くでポイントとして出しているように見えます。

このようなオフィシャルイベント以外でも特徴を掴んで集客につなげる形もアリかと見えます。ドラクエウォークをやりこんでいく中で「こころ」というモンスターが落とす機能集めはとても大切になります。

さらに、ドラゴンクエストウォークを始め位置情報ゲームでは充電の消耗という問題も付き物になります。

バッテリーセーバーとグラフィック簡易設定をOFFにしたデフォルト状態で私の携帯であれば2時間プレイしてバッテリー残は50%に、逆にバッテリーセーバーとグラフィック簡易設定をONにした状態であれば2時間プレイしてバッテリー残は60%(40%消費)でした。

立ち止まり需要と充電面にもケアできればよりドラゴンクエストウォークプレイヤーにリーチした内容になりそうです。

おみやげ機能で地域ならではの商品が登場?

おみやげ機能はβ体験会では実装されていませんが、日本地図のアイコンと共にありました。おみやげで位置ゲームといえばヒョーイによって手に入れる妖怪ウォッチワールドが思い浮かぶ部分もあるかもしれません。

プレイヤー間での連携から地域特産を広めるという形でおみやげ機能が活発になるとこちらの切り口でも松戸を始め地元とドラゴンクエストウォークの連携という部分で大きな機能になりそうですね。

メガモンスター討伐は人の集まりが確認できそう

メガモンスター討伐はβ体験会でも最大12人で協力して戦うイベントです。勝利すると確定報酬でメガモンスターの「こころ」がドロップするとの事でほしくなる内容ですね。

正式リリース後は様々な地域でこのメガモンスター討伐が始まるとの事です。ポケモンGOでもレイドで松戸駅前など人が集まる光景はよく見ますが、ドラクエウォークでもよく見られるのではないでしょうか。

目的地システムの自在さなどと相まって、リーダーが討伐場所設定で人集めなどという形も面白いかもしれません。このようになれば、ちょっとした集まりを多くの場所で開催できる形となり、一部機能として実装されれば他のゲームとの違いとなりうる部分でしょうか。

ご当地クエストで地域特色が更に出る?

ご当地クエストもβ体験会では実装されていませんが、日本全国各地で開催が予定されています。クエストの内容もさることながら場所や報酬などもサブクエストと変化がつくと面白い部分です。

実店舗で利用できるような割引クーポンとこちらのご当地クエストが一番合うかもと考えられる部分です。実際に現地に行って、松戸など地元のよさを体感してゲームも楽しむといういい循環ができそうな箇所です。

まほうのつぼなど今後もさらに地域連携要素が出るかもしれない

まほうのつぼもβ体験会では実装されていませんが、錬金壺のようなアイコンは出ています。ゲーム内アイテムの錬金におみやげが絡んで地域をより歩くと有利になるような要素かもしれません。

ドラクエウォークと地域の関わりを見ると公開されている内容でも様々ありますが、今後公開される内容でも多くありそうな印象です。地域活性化という部分でも面白い連携が生まれそうな楽しみな部分でもあります。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
松戸ロードSNSでは厳選情報を配信中です
お好みの媒体でフォロー頂けると嬉しいです
ドラゴンクエストウォーク ニュース

松戸ロードは松戸の現地に在住している法人運営です。松戸に30年超在住の編集長を中心に松戸の現地を普段から歩くからこその独自情報、先行情報を中心にお届けしています。

お好みの媒体でフォロー頂けると嬉しいです
松戸ロード 松戸の地域情報
タイトルとURLをコピーしました