スポンサーリンク

モリヒロフェスタ2019の行列状況を定点観測、蔦の松戸限定醤油に注目が、とみ田 本店仕様を実食

モリヒロフェスタ2019とみ田 イベント
松戸ロード
スポンサーリンク

モリヒロフェスタ2019の行列状況を定点観測

2019年11月2日からの3連休、実力派のラーメン店が多数集まる注目イベントとして例年好評のモリヒロフェスタ2019が21世紀の森と広場で開催されています。

初日11月2日の開始直後に現地を訪問の上、実際に行列を並んでとみ田 本店仕様つけめんを頂けました。オープン直後から時間経過ごとの様子を含め定点観測できた状況をまとめてみました。

なお、モリヒロフェスタについてはこちらで豊富な開催概要も事前にまとめてありますので合わせて見て頂けると嬉しいです。

前売り券は11月2日朝の時点で完売

モリヒロフェスタでは人気ラーメン店の共通チケットがセブンイレブンで手数料なしにて買える形となっています。

開催数日前に購入しておいたのですが、11月2日の朝、再度確認すると完売状態となっていました。

これから開催状況によっては追加などもあるかもしれませんが、前売り券が完売するほどのイベントというのは人気の高さが伺えます。

9時30分時点で前売り券ありの列も100人超の待ち

10時開店となる当イベント、行列は必ずできると見越して9時30分頃に伺ってみましたがその時点でも前売り券ありの列が100名程度できていました。

ただ、開店前の行列は6店舗分の行列が1つになった形であり、各人気店の行列具合から考えるとよくわかる列かと思います。

開店前には前売り券チケットありの列とチケット購入からスタートする列の2つに列が分かれていました。

実際に10時オープン直前では前売り券ありの列が約200名、チケット購入の列は約150名くらいの行列となっていました。

なお、初日のオープニングイベントがあるからかもしれませんが行列の近くでは松戸市消防音楽隊の皆さんがリハーサルの形で演奏されており、開放的な湖の前で行列でも心地よい演奏が聞こえる様相となっていました。

並んで待っている方もどのお店から行きたいか楽しそうに話すグループや親子で並ばれている方など幅の広い来場者の方も印象的でした。

10時開店、10時15分と10時30分で定点観測してみました

実際に10時オープン後、10時15分と10時30分に行列具合を待ち時間目安と共に現地で確認してみました。

こちらの目安時間は各店に並んだ箇所に掲載されており、前売り券がない場合はチケット購入の列が各店に並ぶ前にあります。

中華蕎麦とみ田  「つけめん2019本店仕様」

10時15分の15分待ちから時間が経つにつれて店頭の列も増えており、10時30分の段階では25分表示になっていました。

Japanese Soba Noodles 蔦 「松戸限定醤油Soba」

10時の開店後から明らかに一番多くの行列が見えました。10時15分の段階では待ち時間目安は非表示となっていましたが他店の2倍くらいの行列が見え、推定40、50分くらいではないかと見えました。

10時30分の段階では100分の表示が出ており、列をつくる線から超えるくらいの盛況となっていました。

大島×麺屋つくし 「旨味噌ラーメンver330 感謝」

味噌ラーメンが食べたいという声も開店前行列からも聞こえてきたこちらも10時30分時点で20分待ちとなっていました。10時15分は撮り損ねてしまったのですが同様の行列ができていたかと思われます。

無鉄砲 豚の骨 「松戸の奇跡 モリヒロ限定!煮干豚骨ラーメン」

前売り券を持っている方から各店に誘導される際にも始めから多くの方が目指されていました。10時15分、30分ともに25分待ちと多くの方で賑わっていました。

G系ラーメンという事でラーメン購入後に席で食べている方も特徴あるラーメンを多く見受けられました。行列目安も両時間帯とも15分と安定して並びができていました。

食券販売所からは一番奥の位置となっていますが、目指して向かわれる方の流れもオープン直後から見えていました。待ち時間目安も15分、20分と増加傾向になっていました。

頂いたとみ田本店仕様を堪能

モリヒロフェスタ2019とみ田

どの1杯にするかとても悩みましたがとみ田 本店仕様のつけ麺を頂いてきました。店主が厳選した小麦のみを使用した本店のみの限定麺との事です。

宮崎県産のへべすに佐賀県産のお塩も付け合わせでしっかり付いています。つけ汁なしの塩へべす試してみましたが麺の味がダイレクトに味わえてとても美味しいですね。

今回はノーマルを頂いたのですがこちらの全部のせや半熟味玉も別料金でトッピングできる形になっていました。

初日の時点ではトッピングについては店頭の受付で聞かれ、前売り券などの食券と引き換えにトッピング状況によって札の色が違う形で引換札を受け取る形となっていました。

スープ割りも食券引換の列の隣側で受付をしています。残りスープの状況を少し調整されてからスープ割りを行う丁寧な仕事ぶりはこちらでも健在でした。

最後の1適までとても美味しく味わえました。湖の近くで晴天であった為、開放的な会場の感じも合わさってとても気持ちがいい1杯となりました。

広い21世紀の森と広場に様々な出店も充実

広い会場ではラーメン以外にも様々なキッチンカーなど出店多数で賑わっていました。飲食店のみならず、くじなど子供も楽しい出店ブースも展開されています。

このような案内も様々な箇所にあり、広い敷地内でシートなどを敷いて家族で様々楽しむ光景も見られました。

テーブルなども増設されている箇所も見受けられました。行列含め多くの方の来場が見られましたが開放的な広さがある21世紀の森と広場ならではの人出の割りには密集感の少ない楽しいイベントとなっていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました