明市民センターが移転、建て替えの詳細情報!松戸市上本郷近く、11月13日開館予定

イベント

上本郷駅近くの明市民センターが移転、建て替え

新京成線の上本郷駅を降りてすぐにある市民センター、明市民センターが移転、建て替えを2019年10月から11月にかけて行われます。

移転後の明市民センターでは館内のレイアウトも大きく変わり、これまで以上に使いやすい要素も多く込められています。

今回、明市民センター移転、建て替えのスケジュール詳細から移転後の内容、さらに名称は変更もありうるという部分までまとめてみました。

移転、建て替えに伴うスケジュールの詳細

今回の明市民センター移転、建て替えに伴うスケジュールおよび新旧の場所は以下の形です。

▼明市民センター移転、建て替えスケジュール

2019年10月31日 上本郷駅前の明市民センターが閉館
2019年11月12日まで 準備期間のため休館

2019年11月13日 移転後の新・明市民センターが開館

▼上本郷駅近くの明市民センター場所

松戸市上本郷2676-6

▼2019年11月13日に開館予定の新・明市民センター場所

松戸市上本郷3018-1

新しく移転、建て替えでできる明市民センターの場所はドラッグストアのクリエイトSDの近くですね。上本郷駅からであればこれまでの明市民センター方向に出て、風早神社交差点を抜けて道なりに行けばつく場所です。

新しくなる明市民センターは図書館が1階に

移転、建て替え後の明市民センターでは図書館が1階になる予定です。これまでは2階に図書館があり、階段で昇る際にも必ずと言っていいくらいすれ違う方がいるなど図書館へアクセスされる方の多さが見られました。

図書館内のレイアウトにも注目が集まりそうです。新聞コーナー横のテーブル付近などスッキリした形で新しいレイアウトになる事が想定されます。

フリースペースがより多くの賑わいを生みそう

移転、建て替え後の明市民センターで注目のスペースは1階入口を入ってすぐの図書館隣にあるフリースペースではないでしょうか。

キッズスペースも併設されるという事でイメージとしてまず浮かぶ所は五香駅と常盤平駅の中間あたりにあるふれあい22のコミュニティー広場のような形かなと思いました。

ふれあい22の開放的なスペースや近隣の方も集う場としての良さが今回の移転、建て替え後の明市民センターでも再現されそうに見え、注目しています。

利用も多い会議室など個室スペースも充実

これまでの明市民センターでは日中から夕方以降まで正面スペースに記載されていた会議室利用予定を見てもとても予約で賑わっていました。

内容も各種グループによる会合から近隣の方のスポット利用まで様々な予約になっていましたね。

今回、移転、建て替え後の明市民センターでも会議室がこれまで同様に充実しています。また、2階のホールは広さもあり今後のイベントで重宝されていきそうです。

新しい明市民センターでは名称が変わる可能性も

こちらは検討段階という情報である為、実際に変わるかどうかは現在未定ではありますが、明市民センターの名称を変更するかもしれないと検討されているそうです。

移転、建て替えとなり名称含めて検討が入るタイミングではあるかと思います。明市民センターでかなり浸透している事からもこれからも身近なネーミング含めて松戸市で地元に密着した市民センターとして健在であることを願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました