子供向け施設を総まとめ!キテミテマツドで子供が活用できるテナントはどこ?

キテミテマツド子供 キテミテマツド
松戸ロード

子供向けテナントの増えたキテミテマツド

キテミテマツドでは上層階の新店舗オープンも増え、子供向けのテナントも多くなりました。テナントの種類も多種多様なため、学びの部分から遊び、歯科やピアノレッスンに一時預かりまで様々な事が行えるようになっています。

今回、キテミテマツドに増えてきたテナントで子供向け施設に着目しながら1日中でも楽しめるキテミテマツドの魅力をまとめてみました。

6階に子供向け施設が多く展開

キテミテマツドの特徴として6階に子供向け施設が充実しています。店内をよく見るとわかるのですが、いろどり歯科から7月中旬オープン予定のキッズスマイルや南asobi諸島へと向かう通路沿いは壁紙も空模様ととても遊び心のある店内となっています。

さらに6階の子供向け施設と言えばリトルプラネットを忘れる事はできません。エスカレーター側の壁面には壁にリトルプラネットの体験動画が投影されていて6階に到着しただけでも子供だけではなく大人もワクワクする店内となっています。

何度も行きたくなるリトルプラネット

リトルプラネットの内部充実は体験した方に聞いても、総じて好評ですね。オープンから日が経っていなくとも何回も行っている方もいるくらい体験型の面白い施設という評判を聞きます。

エスカレーターのガラス部分から見える光景でも幻想的な空間で行われる子供の生き生きとした姿に大人もつい目線が向きますね。

これから夏休みシーズンに入り、さらに平日でも混み合いそうなので7月の上旬など夏休み前に行ってみるのもいいかもしれません。

子供に手厚いフォローがあるこどもの歯医者さんいろどり歯科

6階の中央部分にテナントとして入るこどもの歯医者さんいろどり歯科では大人の診療ももちろん行っていますが子供へのケアがとても手厚い歯医者さんです。

まず、大人の方が小さい子供を連れて歯医者さんに通っても安心のスペース展開です。子供の遊べるスペースが大きい子供(小学生くらいを想定)用のテレビなどもあるスペースから小さい子供(未就学児)のスペースも完備しています。

さらに、内覧会で子供と共に見せてもらった診療室も子供用の部屋や付き添いも行いやすい診療室など様々な趣向を凝らしてある歯医者さんです。

キッズスマイル、南asobi諸島も6階に7月中旬にオープン予定

さらに6階では子供の遊び場からいわゆるゲームコーナーも完備したキッズスマイルや南asobi諸島も7月中旬にオープンが予定されています。店舗スペースも6階の半分程度を占めるくらい大規模であり、夏休み前にオープン後、とても賑わいそうですね。

休日には子供向けSLが走ることも予定されているようで更にこのSL目当てに子供がキテミテマツドに向かうことも楽しくなりますね。

7階には喜久屋書店も7月12日にオープン予定となっている為、親も書店によって、次の階6階で子供向けの施設にて楽しむという形もできそうです。さらに、喜久屋書店でも子供向けの本も充実すれば楽しみが広がりますね。

9階ママズスマイルは一時預かり専門の託児所

9階の近畿日本ツーリスト横にてテナント出店があるママズスマイルは一時預かり専門の託児所という珍しい子供向け施設です。

首がすわるころから小学生までと幅広い年代の子供を対象としていて親の世代としては様々な案件で活用できる用途の広いママズスマイルかと思います。

松戸では西口側にも民間学童に近い施設も見受けられるなど学校も多い地域の為、ニーズのあるテナントだと感じます。

7階伊藤楽器は音楽レッスンも

7階の伊藤楽器と言えば旧伊勢丹松戸店の時期、伊勢丹対面で営業されている頃から定評のあるピアノを中心とした音楽レッスンが子供向けでもありますね。

キテミテマツドの広いスペースからもわかる通り、レッスン教室(伊藤楽器内の部屋)も多く、子供が通い、大人がレッスン中にキテミテマツド内を見るという流れもつくりやすい場所と言えるのではないでしょうか。

10階フードコートもキッズメニューの登場などさらに楽しめそう

7月26日オープン予定では10階にフードコートのアジアンフードガーデンが開店予定です。400席規模の大型フードコートでお店も多数入り、キッズメニューの充実も期待できそうです。

フードコートもできればキテミテマツドオープンの10時頃から向かい、お昼はフードコートで食べて午後も様々まわって夕食の食材を地下1階のロピアで買って帰るというコースもありかもしれません。
駐車場提携割引や専用駐輪場もできてアクセスもよくなってきています。

子供と共に1日中、様々な体験ができる施設としてキテミテマツドの魅力を再確認して頂き、近場の松戸からでも近隣の方もぜひ1度来てもらえると地元松戸を愛する者としてうれしい限りです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました