松戸花火大会2019は8月3日!混雑対策や松戸の穴場スポットはどこ?

松戸花火大会in2019 イベント
松戸ロード

松戸花火大会2019は8月3日に開催

江戸川河川敷を開催場所として行われる毎年お馴染みの松戸花火大会は2019年度8月3日の土曜日に決定しました。お盆休み直前週でお盆前の夏休み前半におけるイベントとして毎年楽しみですよね。

開催時間は19時15分から20時20分と1時間近くですが約10000発の花火とかなりの迫力で開催されます。近くで観覧していれば空気振動が感じられる臨場感があり、松戸では意外と遠くからでもよく見える為、様々な楽しみ方がされますね。

今回、2019年松戸花火大会の有料席状況から混雑対策、注目の観覧場所など地元松戸で花火大会に何度も行っているからわかる穴場情報や前日から場所取りとならなくとも松戸花火大会in2019を楽しめる情報を交えてお届けします。

終了直後の混み合いはすごい為、少し早めの移動も手

花火大会のクライマックスまでどうしても見たいという事であれば難しいですが、ある程度満足した場合、少し早めに岐路に向かう事をおススメします。なぜなら、花火大会直後の松戸駅周辺は帰宅の混み合いがすごく、駅など入場制限がかかることもあります。

新京成線など臨時列車も1日を通して多く出ますが、なにぶん最寄り駅の松戸駅に向けての人の流れがすごいです。2018年も例年と同じように駅への道が混みましたね。一歩早めに駅の方へ近づき、駅へ引き返しながらの鑑賞というのもアリかと思います。

松戸は地形的に松戸駅方向へ向かうと高台に向かう形になる為、花火はどこからでも意外と見えます。こだわりがなければ早めに少し移動しておくのがお勧めです。

キテミテマツドの屋上レストランが間に合えば

江戸川河川敷の近くではなく、屋上から見るというのも花火大会では見やすいスポットですよね。旧伊勢丹松戸店が営業していた際は屋上ビアガーデンの季節だったと思い出されます。

現在、キテミテマツドに変わり、こちらの屋上レストランも8月上旬に間に合うかどうかという所でしょう。7月26日オープン予定の10階フードコートと合わせてオープンとなれば8月3日の花火大会にも間に合いそうですね。

特にキテミテマツドは江戸川河川敷に近く、地上11階まである建物です。12階相当の屋上から花火を見る事ができれば注目スポットとなりそうです。旧伊勢丹松戸店のビアガーデンに近い開放的な中で飲食伴いながらの花火は最高かと考えます。

松戸駅西口ロータリーから直進の川沿いは前面が開けて見やすい

地元松戸で多くの方が花火鑑賞スポットとして目指すポイントとして松戸西口を降りてロータリーからまっすぐ進み、初めにぶつかる川沿いですね。地図ではこのあたりとなります。

河川敷から遠く見えるかもしれませんが、これ以上先の込み具合と川の前面が開ける具合を照らして見ると穴場と言えるいいスポットだと思います。

実際、この川沿いも開始間際ではどの沿いも人でいっぱいになるくらい賑わいます。遠方からくる方よりも松戸の地元の方が多い印象ですね。

駅にも近い為、先ほどの駅混雑への対処も行いやすいのがうれしいです。人の流れが出る前に駅へアクセスできます。なお、途中のセブンイレブンなどでも例年店頭販売なども行っていて、花火鑑賞モードと言いますか非日常な形でワクワクします。

協賛者の形で有料席もあり

松戸花火大会2019では花火大会に協賛する形で花火開場中央の協賛席が設けられています。1口10000円で2名分の協賛席チケットが手に入ります。なお、3歳未満は1名まで同伴が可能です。

スポンサー席だけあって間近で鑑賞できるのは利点です。また、場所取りをする形で早めに行って確保という焦りもなく鑑賞できます。

協賛席以外の有料席販売も開始されていますね。ボックス席が1セット20,000円でイス4つとテーブル1つの指定席、椅子席も1席5,000円で指定席販売がありますので近くでゆっくり見たい方にお勧めですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました